プロネットについて

閉じる

ITソリューション

閉じる

企業情報

閉じる

採用情報

閉じる

サバになれ!

2016.03.24


またまたではありますが、
私の尊敬する松岡修造氏の言葉をご紹介したいと思います。
本当は心が弱く消極的という修造氏が自分を鼓舞するために発してきた言葉だそうです。

たくさんの名言がありますが、
人によって響くもの、響かないものがあると思います。
ですが、必ず一つは心にガーン!と響く言葉があると思います。
日々の生活でモチベーションを保持続けるのは、なかなか困難なことです。
そんな時に、自分の中に響く言葉があれば、
自分を持ち上げるツールとして利用できるのではないでしょうか。

「褒め言葉よりも、苦言に感謝」

褒めてもらうことは、だれでも嬉しいことです。
苦言を言われることは、嬉しいと思える人はあまりいないと思います。
ですが、苦言は、自分が正すべきこと、自分が至らぬことを教えてくれているのだと思えると、
それは、自分にとってプラスのことと思えるのです。

「過去のことを思っちゃダメだよ。
何であんなことしたんだろ… って
怒りに変わってくるから。
未来のことも思っちゃダメ。
大丈夫かな、あはぁ〜ん。
不安になってくるでしょ?
ならば、一所懸命、一つの所に命を懸ける!
そうだ!
今ここを生きていけば、
みんなイキイキするぞ!!」

うまくいかないことがあって凹んだり、未来を考えて不安になったり、
そうやって落ち込んでいるぐらいなら、今のことだけ考えて、今のことだけに精一杯生きる。
そうすれば、前向きに生きていけるということです。
一所懸命…一つの所に命を懸ける こう言い切れるような生き方ができればと思います。

saba1

「サバになれ!」

何となく周りに流されてしまう自分がイヤで、ネチネチ悩んでいるのか?
サバを見てみろよ。いろいろな魚が泳いでいる所でも、周りを気にせず、常にサバサバしているだろ。
サバは「自分」を持っている。
常に自分の心に耳を傾け、自分で考えて決断し、行動しているんだよ。
自分を持つことが出来れば、周りの声や視線など気にならず、
いつも自分らしくいられるんだ

要は、自分を持って、自分らしく生きることが大事だということです。
言葉だけ聞いてたら、なんのことかすぐ理解できません(笑)
「自分を持とう」と言う人はいますが、それを「サバになれ」と例える人はいません。
そういった独特の表現があるからこそ、いろいろな人の心に響く言葉になっているのかもしれません。

まだまだたくさんあるのですが、今回は以上としたいと思います。
こんなのに頼らなくても私は大丈夫!という人もいらっしゃると思います。
でも、自分に自信が持てないとか、何事にも後ろ向きに考えてしまうと言う人もいらっしゃると思います。
自分の気持ちの持ち方一つで、ものの見え方、話し方、歩き方など変わっていきます。
セルフコントロールに利用する一つの方法として、いろいろ見て頂けたらと思います。
かるた(修造かるた!)まで出てますよー

投稿者プロフィール

Tom
Tom

pronet family

  • FB-7U

    FB-7U

  • ken_zZzi

    ken_zZ

  • wa-jin

    wa-jin

  • furb_ino

    furb_i

  • 黒K

    黒K

  • アヴァロン

    アヴ

  • 提督

    提督

  • Tom

    Tom

  • TasuQu

    TasuQu

  • BETA

    BETA

  • г◎▽◎

    г◎▽

  • Goocky

    Goocky

  • Jesse

    Jesse

  • MTND28

    MTND28

  • nakamo

    nakamo

  • +=Kuma

    +=Kuma

  • UJ5WRS

    UJ5WRS

  • 坂本隆弘

    坂本

  • nabe

    nabe

  • 八木亮介

    八木

  • hiyo

    hiyo

  • obhy3

    obhy3

  • hiroe

    hiroe

  • koba

    koba

  • つぼ姉

    つぼ

  • mekino

    mekino

  • tiga

    tiga

  • eagle

    eagle

  • Boss

    Boss

  • yassan

    yassan

  • ザキ

    ザキ

  • 皮だ

    皮だ

  • daiki

    daiki

  • dil

    dil

  • saiseki

    saisek




ページの先頭へ