プロネットについて

閉じる

ITソリューション

閉じる

企業情報

閉じる

採用情報

閉じる

残念なお知らせ

2016.04.17


2015年12月19日。平成25年度秋期情報処理技術者試験の合格発表日

 

モニターを見つめて溜息。

「ふぅ~」。

そこに表示されていたのは、なんとも残念なお知らせであった。

平成27年度 秋期 情報セキュリティスペシャリスト試験

成績照会受験番号 SC212-XXXXの方は、不合格です。

 

午前Ⅰ得点 免除

午前Ⅱ得点 84.00点

午後Ⅰ得点 65点

午後Ⅱ得点 45点

 

遡ること去年の7月、前回の週刊プロネットで、意気揚々と受験することを宣言。

 

結果は見るも無残。惨敗である。

「午後Ⅱ40点台って、目も当てられませんよ、ウププププ(笑)」って聞こえてきそうだ。

さすがに報告するのは迷った。今回は当たり障りのない話題でお茶を濁しておこう♪と思ったりもしたが、不合格をしらーっと黙っているのも恰好悪いので、報告させてもらうことにした。

 

勉強方法は過去問を数年分解いて解答を確認するという方法を中心に進めた。一番の肝の午後Ⅱは、まとまった時間の取れる土日に過去問を解いた。

 

試験当日、

午前Ⅰは免除。

午前Ⅱはノープロブレム。

午後Ⅰは3問の中から問1と問2を選択した。

問1は情報セキュリティの3要素(機密性確保、完全性確保、可用性確保)に絡めた問題

問2は遠隔保守における特権IDの管理に関する問題

結構出来たと思っていたが、点数を見るとかなり危なかったようだ。

 

さて問題の午後Ⅱ

要は国語の問題だ。問題文中には必ず解答につながるヒントが隠されている。時間内にそれをかき集めて、論理的な文章に組み立て直し、制限文字数以内でまとめられるかが勝負。

問1は「シンクライアント技術を利用したマルウェア対策」

問2は「クラウドベースのオンラインストレージ上のデータの適切な管理及び保護」

一通り問題文を読んで問1を選択する。

判断ミス。かつ実力不足。

シンクライアントを選んだのが失敗だったかな。シンクライアントごときに軽くひねられた応用力の無さには自己嫌悪。

言い訳になるが、後に情報収集をしたところ、問1を選択して撃沈した人がやはり多かったようだ。

 

後悔はしないが、一応反省はしておこう。

 

振り返ってみると、まず過去問の消化量が足りなかったのだろう。また分からなかった問題を理解していたのかというと必ずしも理解できていない問題も多かったと思う。要は漠然と過去問を消化するばかりで、学習の質が低かったのだろう。腹にストンと落とし込めていなかった。また勉強時間に対してアウトプット量の比率が少なかったために文章の組み立てが稚拙な表現になることも多かった。出題者の意図を読み取れずに的外れな回答をしていた可能性も高いと思う。次回高度受験するときは、同じ轍を踏まないように今回の教訓を生かしていく!

哀愁漂うナベやん

※桜満開の遊歩道を歩く哀愁漂うナベやんの後ろ姿。本文とは関係ありません。

投稿者プロフィール

BETA
BETA

pronet family

  • FB-7U

    FB-7U

  • ken_zZzi

    ken_zZ

  • wa-jin

    wa-jin

  • furb_ino

    furb_i

  • 黒K

    黒K

  • アヴァロン

    アヴ

  • 提督

    提督

  • Tom

    Tom

  • TasuQu

    TasuQu

  • BETA

    BETA

  • г◎▽◎

    г◎▽

  • Goocky

    Goocky

  • Jesse

    Jesse

  • MTND28

    MTND28

  • nakamo

    nakamo

  • +=Kuma

    +=Kuma

  • UJ5WRS

    UJ5WRS

  • 坂本隆弘

    坂本

  • nabe

    nabe

  • 八木亮介

    八木

  • hiyo

    hiyo

  • obhy3

    obhy3

  • hiroe

    hiroe

  • koba

    koba

  • つぼ姉

    つぼ

  • mekino

    mekino

  • tiga

    tiga

  • eagle

    eagle

  • Boss

    Boss

  • yassan

    yassan

  • ザキ

    ザキ

  • 皮だ

    皮だ

  • daiki

    daiki

  • dil

    dil

  • saiseki

    saisek




ページの先頭へ