コンプライアンス

プロネットでは、健全で効率的な企業経営を実現し、企業価値を高めるさまざまな企業活動を実施しています。スタッフが高い倫理観と責任感を持って行動出来るようコンプライアンス・プログラムを継続的に実施しています。

取り組み

役員が、方針・体制・計画を示し、管理職や一般スタッフへの伝達・教育を行った上で、日常業務での監視と問題の報告・是正を継続し、一連の管理システムの有効性を定期的に点検するといった管理サイクルの整備・運用を行っています。
また、事故が発生した時に、影響を最小に食い止め、企業活動の早期再開を図る適切な危機対応に取り組んでいます。
実務の中のさまざまな隠れているリスクを組織の総力を挙げて、早期発見・早期是正することが最終ゴールとなります。

範囲

プロネットではコンプライアンスとして守るべき範囲を明確に定めています。

法規範
・行政で決められた法律や条例など、法としての拘束力のある規則

社内規範
・社内で決められたルールや業務マニュアルなどの規則

倫理規範
・職務上守らねばいけない企業倫理や人として守らねばいけない社会的な倫理

会社の規定及び管理職の指示に基づいて、コンプライアンスの実効性を確保する以下の役割が求められます。
役割1.法律や規則などのルールを正しく理解する
役割2.会社所定の申請報告手続きを、定められたとおり正しく丁寧に行う
役割3.職制や専門家に確認し、疑問や不安を残さず、誰にでも説明できるように正しく仕事を進める

役割と責任

役員

コンプライアンス違反を防止する仕組みの構築と運用、そして重大な事故が起きた際に影響を最小限にとどめ、早期の企業活動再開を図る準備と対処、責任を負います。
他の役員の職務執行を監視し、法律違反などの疑いがあれば取締役会に報告する義務を負います。

管理職

役員による業務執行の補助者として、経営が定めた方針・規定・体制・手続を組織内で有効に展開し、問題の把握と経営への報告、ならびに管理の有効性に関する点検と是正に責任を負います。

一般従業員

会社の規定及び管理職の指示に基づいて、コンプライアンスの実効性を確保する以下の役割が求められます。
役割1.法律や規則などのルールを正しく理解する
役割2.会社所定の申請報告手続きを、定められたとおり正しく丁寧に行う
役割3.職制や専門家に確認し、疑問や不安を残さず、誰にでも説明できるように正しく仕事を進める

スタッフ教育

新卒スタッフ、中途採用スタッフに向けたコンプライアンス研修を入社時の研修で実施しています。また、入社後も具体的な事例を用いたロールプレイング教育やeラーニングを利用した教育、各部門の特性や時流にあわせた追加教育を実施するなど、コンプライアンスに対する知見を高める研修を継続的に実施しています。

eラーニング

コンプライアンス研修のさらなる理解と浸透を深めるため、イントラネット上にeラーニングを設け「情報セキュリティ」「個人情報保護」「インサイダー取引規制」などのトレーニングが常時学習できるようになっており、スタッフ毎の進捗管理まで行っています。

企業倫理ホットラインの設置

​スタッフがコンプライアンス違反を行っていることを発見した場合、匿名で通報及び相談することのできる専用の相談窓口を設けています。