インクルージョンとダイバーシティ

プロネットでは、ひとりひとりが個性を生かし価値創出へとつなげるため、役員会のコミットメントのもと、ダイバーシティ経営を推進しています。

取り組み

プロネットではインクルージョン(ひとりひとり違う個性のスタッフが、お互いに尊重し、認め合い、活かし合うという考え方)とダイバーシティ(性別、人種、学歴、価値観、障がい、性的指向や性別認識などの多様性を受け入れ、市場での有利性や創造性・革新性の向上を図るという考え方)を両立することで、さまざまな人材が相互に協力し、プロネットの組織を強化することで、さまざまな国や地域でお客様に最適なサービスを提供します。2005年には中国・上海の同済大学及び関連企業と提携し、卒業生の雇用を実施しています。

男女

2025年には男女比率50%を目指して活動しています。

年齢

安定した採用と社員の定着率がなせる構成です。

勤続年数

平均勤続年数は12.1年(2018年3月時点)で、7割が5年以上勤続してるバランスの良い構成です。

嘱託

定年したスタッフのうち100%が嘱託社員として働いています。

職位

半数がリーダ、管理職と責任のあるポストで活躍しています。

退職(3年以内)※2018年3月末時点

人材の入れ替わりが多いIT業界ですが安定した定職率は企業の要です。

全社員の既婚

だからといってどうという話はありません。単なる内訳です。

女性の既婚

結婚後も安心して働ける職場です。

産休後の復帰

出産後100%が復帰して現在も元気に活躍しています。

女性の国籍

国籍を問わず、多様性から生まれるイノベーションを大切にする文化が反映されています。

gender

WOMAN

女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となりさまざまな活動に取り組んでいます。仕事と家庭の両立するための、短時間勤務制度やフレックスタイム制度の導入、小学生未満の子の看護や家族の介護のための休暇など、法定を上回る支援制度の導入を目指しています。また、出産・育児休業した従業員は全員が復職しており、その結果、この5年で女性社員は約2倍、女性リーダ職は約2倍に増加、女性の採用強化や継続意欲の維持・向上だけではなく、女性リーダーを継続的に輩出していく取り組みを実施しています。

GLOBAL

クロスカルチャー

約4カ国に及ぶ国籍の社員が働くプロネットでは、グローバル化への適応とクロスカルチャー・マネジメント力の強化に取り組んでいます。毎週水曜日の午後に実施されるネイティブスタッフによる英会話教室”English leaning program”は、スタッフの英語力強化と異文化交流を得て、スタッフのグローバル化を促進させています。

Commission

嘱託

プロネットでは、嘱託社員の雇用に積極的に取り組んでいます。ライフスタイルに合わせた働く場の提供と過去に培った高い知見と経験を役立てる場の提供に取り組んでいます。
現在、定年したスタッフのうち100%が嘱託社員として、現在も活躍頂いています。